過去の豊橋市国際交流員のページはこちら



 Self-Introduction (自己紹介)

日本語(Japanese) 英語(English)

 オーストラリアのタスマニア州から来ましたレクティー・アーサーと申します。豊橋市役所の多文化共生・国際課の国際交流員です。2012年に留学で名古屋に来た時から日本の言語や文化に興味を持つようになりました。
オーストラリアといえば、カンガルーやコアラなどのかわいい動物が頭に浮かぶと思います。この自己紹介を読んでいる方の中にはもしかしたらタスマニアン・デビルをご存じの方もいるのではないでしょうか。そう、そのデビルの出身地も私と同じタスマニアなのです。

 タスマニアは南に位置する島で、オーストラリアでは一番寒い州です。日本へと出発する前夜の温度はマイナス1度でした。日本に着いたときは蒸し暑さにショックをうけましたが、だんだんと慣れてきたような気がします。

 せっかく日本に来たので、いろんなことにチャレンジしていきたいです。日本のいろんなところに旅行して、日本の食文化やサブカルチャーを存分に経験したいと思っています。

 大学では日本語・国際政治・国際ビジネスを勉強して、オーストラリアと日本の懸け橋になれるような仕事に就きたいと思っていました。なので、これを機会にオーストラリアと日本の国際交流を深めることに貢献できるよう、精いっぱい頑張ります。よろしくお願いいたします。

Hello, my name is Arthur Lechte from Tasmania, Australia. I’m the Coordinator of International Relations at Toyohashi City Hall. I studied in Nagoya through an exchange program at my University in 2012 and have wanted to come back ever since.

When you hear ‘Australia’, you might imagine our iconic animals like Kangaroos and Koalas. Maybe some of you have heard of the Tasmanian devil. Yes, that devil comes from the same place as me, Tasmania. Tasmania is the small island down south and it is the coldest part of Australia. The night before I left, the temperature was minus 1 degrees Celsius. It was a bit of a shock when the heat and humidity struck me at Narita Airport, but I’m slowly acclimating.

Now that I’m actually here, I would like to try lots of things I can only do in Japan. I plan on travelling around Japan in my spare time to fully experience the Japanese culture (especially the food).

 

ブランク

  
  バックナンバーおよび、日本文の最新コラムはこちら

タイトル 掲載
Communi-Station
ファイル
第1回
(2015.10.15)
  新国際交流員 レクティーさんを紹介します!  CS-105号
 英文/日本文
 英文
第2回
(2016. 1.15)
  英語と標準語  CS-106号
 日本文
 英文
第3回
(2016. 4.15)
 他の国からみたオーストラリア  CS-107号
 日本文

 英文

第4回
(2016. 7.15)
  銃規制についての個人的な意見
  CS-108号
 日本文
  英文
第5回
(2016.10.15)
  オーストラリアのカフェ・コーヒー文化   CS-109号
 日本文
  英文
第6回
(2017. 1.15)
  オーストラリアのお酒事情  CS-110号
 日本文
 英文
第7回
(2017. 4.15)
  オーストラリア・デー  CS-111号
 日本文
 英文
第8回
(2017. 7.15)
  タスマニアデビル   CS-112号
 日本文
 英文
最終回
(2017.10.15)
予定
  コンフォートゾーン  CS-113号
 日本文
 英文

  ※ 2015年4月 Communi-Station No.103掲載より、英文はホームページでの掲載となりました。